現在位置 : ホーム > 会社情報 > プレスリリース 2016年 > ブラジル連邦共和国で開催されるブラジルテレビ放送技術協会(SET)主催イベント「SET EXPO 2016」に出展

ブラジル連邦共和国で開催される
ブラジルテレビ放送技術協会(SET)主催イベント
「SET EXPO 2016」に出展

2016年9月1日

株式会社ピクセラ(本社 : 大阪府大阪市、代表取締役社長 : 藤岡 浩、以下 当社)は、2016年8月30日~9月1日にブラジル連邦共和国サンパウロ市「EXPO CENTER NORTE」にて開催されるSET EXPO 2016において、総務省の請負事業「地上デジタル放送日本方式(ISDB-T方式)採用国におけるモバイル端末対応受信機及び高度化対応受信機の普及に関する調査の請負」の一環として、総務省が出展する「日本パビリオン」にてモバイル端末対応受信機及び高度化対応受信機の展示、現地地上デジタル放送波による受信デモ、ならびにISDB-T方式採用国を対象とした受信機の需要把握及び課題調査を行ったことをお知らせします。

日本パビリオンの様子(1)

日本パビリオンの様子(2)

デモの様子

今後の見通し

ISDB-T方式を採用した中南米諸国をはじめ、フィリピン、モルジブ、ボツワナにおいて、生活や教育等の分野で有益な情報源となるデータ放送やモバイル端末でのテレビ受信を可能とするモバイル放送への関心が高まっております。一方、各ISDB-T方式採用国で異なる周波数帯幅に対応し、かつモバイル受信を可能とするモバイル端末対応受信機のベンダーによる開発は十分に進展していない状況にあります。

また、映像の圧縮技術について、現在日本で使用されているMPEG-2や他のISDB-T方式採用国で使用されているH.264に加え、より高度な圧縮を可能とするH.265が実用化されつつあるなど、最新の技術を取り入れた放送サービスに対応する高度化対応受信機へのニーズが高まることが予想されます。

これらの背景から、いかに諸外国のニーズに合致させたテレビ受信機を供給することができるかが、今後のISDB-T方式の国際展開におけるプレゼンスの向上や我が国の放送関連産業における国際競争力強化につながるものと考えられます。

当社は、ISDB-T方式採用国を対象としたモバイル端末対応受信機及び高度化対応受信機の普及に関する調査、開発を通して、我が国の放送産業の国際展開に寄与してまいります。

開催概要

名称 SET Expo
日時 2016年8月30日(火)~9月1日(木)(展示会)
会場 ブラジル連邦共和国サンパウロ市「EXPO CENTER NORTE」
公式サイト http://www.setexpo.com.br/

「日本パビリオン」での展示内容

  • 放送関連機器全般
  • 最新のメディア技術に関連するソリューション
    (例:光ファイバ、スマートシティ、ICTを活用した防災、ICTデジタルディバイド)
  • 日本文化に関する内容

お問い合わせ窓口

弊社営業窓口へのお問い合わせは、以下をご利用ください。

お問い合わせ窓口(法人のお客さま)専用メールフォーム

文中に記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標もしくは登録商標です。
本プレスリリースは、発表日現在の情報です。検索日と情報が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。