現在位置 : ホーム > 製品情報 > スマホでテレビを見るには?スマホをテレビに映せる?おすすめの接続方法を解説!

スマホでテレビを見るには?スマホをテレビに映せる?おすすめの接続方法を解説!

作成日:2022年4月20日 更新日 : 2022年6月23日

キャッチ画像

テレビをスマホで見たいと思ったことはありませんか。スマホなら場所を選ばずに見られるので便利ですよね。逆にスマホの画面をテレビの大画面で見たいと思ったことがある方もいるかもしれません。今回はそのような方に役立つ記事となっています。 スマホでテレビを見たい、またはスマホをテレビで見たいと思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スマホでテレビを見る方法

スマホでテレビを見るためには、主に次の3つの方法があります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、見たいジャンルや目的によって選びましょう。

  • (1) 外付けのテレビチューナーを接続する方法
  • (2) テレビ局が配信している無料アプリを利用する方法
スマホでテレビを見る2つの方法 比較表
- 外付けテレビ
チューナー
テレビ局
無料アプリ
メリット
  • リアルタイムで視聴可能
  • データ容量を消費しない
  • 月額料金がかからない
  • 無料で視聴できる
  • 見逃し配信が楽しめる
  • 会員登録不要で楽しめる
デメリット
  • テレビ電波を受信できる環境が必要
  • スマホのOSが対応しているか確認が必要
  • データ通信量がかかる
  • 無料で見られる期間が限定されている
  • 料金を支払わないと見られない動画もある
  • 生放送番組は見逃し配信不可
こんな方に
おすすめ
  • 生放送を観たい
  • スポーツ中継をリアルタイムで観たい
  • 見逃したテレビ番組を観たい
  • さまざまなジャンルのテレビ番組を楽しみたい
  • 費用をかけずにスマホでテレビ番組を観たい

2つの方法についてそれぞれ具体的に解説します。

(1) 外付けのテレビチューナーを接続する方法

キャッチ画像

機器をさすだけでスマホでテレビが見れる

専用の外付けのテレビチューナーをスマホに接続するだけで、いつでもどこでもリアルタイムでテレビ番組を楽しめます。通勤電車の中でも見られるので「家に帰る時間が遅くて、見たい番組が見られない」ということもありません。

こんな方におすすめです。

  • 現在放送されているドラマをみたい
  • サッカーや野球、競馬など地上波のスポーツをリアルタイムでみたい
  • 地上波の最新アニメなどをみたい

また、テレビチューナーを一度購入すればずっと見られます。サブスクなどの月額料金もかからないので、購入後のコスパも高いです。

テレビチューナーには、「スマホやPCにさすタイプ」「ワイヤレスタイプ」の2つのタイプがあります。

キャッチ画像

スマホに直接さすタイプ

キャッチ画像

ワイヤレスタイプ

設定は、スマホやタブレットに直接差し込むか、家のアンテナの差し込み口にワイヤレスタイプのテレビチューナーをコードで繋ぐだけなので、テレビ本体を持っていなくても大丈夫。

テレビは見たいけれど、テレビ本体が高くて購入を迷っているという方や、テレビを置くスペースがないという方は、テレビチューナーの利用を検討してみてはいかがでしょうか。おすすめのテレビチューナーを2つ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめアイテム

Xit Stick(サイト・スティック)XIT-STK210

キャッチ画像

Xit Stick(サイト・スティック)

iPhoneやiPadでテレビを見たい方はXit Stickがおすすめです。

Lightning端子に挿してアプリを起動すれば、すぐにテレビが視聴可能になります。ギガ(データ通信料)はかかりません。またXit Stickなら番組の録画もボタン一つで簡単。見たい番組を逃すことなく楽しめます。

ピクセラ Xit Stick(サイト・スティック) の購入はこちら

Xit AirBox (サイト・エアーボックス)XIT-AIR120CW

キャッチ画像

Xit AirBox (サイト・エアーボックス)

家に一台置いておけば、iPhoneやAndroidなどのスマホ端末やパソコンで、お家でも外出先でテレビが見られます。例えばパソコンを使って自宅で見ていた番組の続きを、外出先にスマホで見ることも可能です。

Xit AirBox(サイト・エアボックス)XIT-AIR120CWは業界初のクラウド録画を搭載。クラウド録画とはインターネットを通じてクラウド上にデータを保存することで、自分でサーバーやソフトウェアを用意しなくても利用できるサービスです。外付けハードディスク不要で録画も存分に楽しめます。

ピクセラ Xit AirBox(サイト・エアーボックス)の購入はこちら

(2) テレビ局が配信している無料アプリを利用する方法

各テレビ局と連携して過去に放送された番組を一定期間配信しているサービスもあります。アプリをダウンロードするだけで見逃してしまった番組や色々なジャンルの番組を無料で楽しむことができます。

こんな方におすすめです。

  • 見逃したテレビドラマを見たい
  • いろんなジャンルの番組を好きな時に楽しみたい(※ 無料配信期間は一定期間です。)
  • とにかくお金をかけたくない

アプリ自体は無料で利用できますが、データ通信料がかかるので注意しましょう。スマホの契約プランによっては、すぐに低速通信になってしまう可能性があります。Wi-Fiがない環境での利用は、ネックになりやすいでしょう。また多くのアプリが、無料で見られる代わりにCMが流れます。人によってはかなり煩わしいと感じるかもしれません。アプリは色々ありますが、ここでは代表的な2つを紹介します。

① TVer

TVer(ティーバー)は完全無料の見逃し配信サービスです。日テレ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビの5社が共同で作ったサービスで、約400番組を無料で視聴できます。ただし配信期間は放送終了後から7日間なので、その期間を過ぎてしまうと見られないことに注意しましょう。

② ABEMA(アベマ)

ABEMA(アベマ)も、ドラマやアニメなど豊富なジャンルの番組を無料で楽しめるアプリです。ただしすべての動画を無料で見るためには、プレミアム会員になる必要があります。プレミアム会員になれば動画をすべて見られる他、様々な便利機能を利用できます。

映画やドラマをたくさん見たい場合

地上波ではなく、映画やドラマをたくさん見たい方には、動画配信サービスがおすすめです。月額料金を支払うことで、サービス内の動画がすべて見放題となります。サービスによって強いジャンルが異なるので、自分の見たいジャンルがたくさん配信されているものを選ぶとよいでしょう。こちらもテレビ局の動画配信アプリ同様、通信料がかかるため、Wi-Fi環境が整っている場所以外では、利用しづらいというデメリットがあります

簡単に3つの動画配信サービスを紹介します。

Netflix(ネットフリックス)

TV番組から映画まで幅広いジャンルの動画を配信している。TV番組だけでは満足できないという方におすすめの動画配信サービスです。

Prime Video(プライムビデオ)

Amazonが提供しているサービスで、月額500円(税込)で楽しめます。

DAZN(ダゾーン)

スポーツ番組が好きな方にはおすすめです。国内外の様々なスポーツ中継はもちろん、スポーツに関するDAZNオリジナルの番組を配信しているのも魅力のひとつです。

見たい番組、見たいタイミング別のおすすめ視聴方法

見たい番組や、視聴タイミングによっておすすめの方法は異なります。ここではジャンル別におすすめの視聴方法法を紹介します。

(1)スポーツ

スポーツはリアルタイムでドキドキを楽しみたいですよね。場所にとらわれずに国内のスポーツをリアルタイムで観たいなら、テレビチューナーがおすすめです。海外のスポーツ番組や、テレビで配信されない試合もすべて観たいということであれば、動画配信サービスを利用するのもよいでしょう。

- テレビで放映されている
スポーツをリアルタイムに観たい
テレビで見られない
スポーツをリアルタイムに観たい
  • オリンピックやワールドカップの注目ゲーム
  • 格闘技のタイトル選
  • 競馬のG1
  • 相撲の千秋楽
  • サッカー(Jリーグ、海外リーグ)
  • 野球(プロ野球)
  • アメフト(NFL)
  • バスケ(NBA)
おすすめの
方法
テレビチューナー 動画配信サービス

(2)ドラマ

ドラマは最新の作品を見たいのか、昔の作品を見たいのかでおすすめ方法が変わります。地上波ドラマをリアルタイムで見たい、話題のドラマを一気に見たいということであれば、録画機能付きのテレビチューナーや、動画配信サービスの利用がおすすめです。

- 最新テレビドラマを
リアルタイムで観たい
昔のドラマを
いろいろ観たい
地上波ドラマ 話題の地上波ドラマ
おすすめの方法 テレビチューナー テレビチューナー(録画機能つき)
無料アプリ

(3) 映画

とにかく映画をたくさん楽しみたいという方には、動画配信サービスがおすすめです。かなり昔の作品から最新作まで幅広い年代、ジャンルの作品が配信されているので、映画好きの心を満足させてくれるでしょう。

- 新旧のいろんな映画をたくさん観たい
洋画、邦画
おすすめの方法 動画配信サービス

(4) アニメ

放送中のアニメをリアルタイムで楽しみたい、新作を見たいという方はテレビチューナーがおすすめです。作品を一気に見たい、昔のアニメを楽しみたいという方は、動画配信サービスを利用するとよいでしょう。

- 最新アニメを
リアルタイムで観たい
お気に入りのアニメを
後で一気に観たい
新作アニメ 新作アニメ
新旧人気アニメ
おすすめの方法 テレビチューナー テレビチューナー(録画機能つき)
無料アプリ

(5) バラエティ

リアルタイムで地上波のバラエティを楽しみたいのならテレビチューナー、新旧の人気バラエティを色々見たいということであれば、テレビ局が提供している無料アプリや動画配信サービスの利用がおすすめです。

- 地上波バラエティを
リアルタイムで観たい
昔のバラエティを
色々観たい
地上波バラエティ 新旧人気バラエティ
おすすめの方法 テレビチューナー 無料アプリ
動画配信サービス

スマホの画面をテレビに映す方法

スマホの画面を大勢で見るなら、スマホのままだと少し不便ですよね。例えば今はスマホでカラオケを楽しむことができますが、みんなで楽しむならテレビに映して画面共有したほうが盛り上がるでしょう。もちろんスマホゲームをテレビで見ることも可能です。ここではスマホ画面をテレビに映す方法を解説します。

「ミラーリング」という機能を使う

スマホの画面をテレビに映すための機能がミラーリングです。ミラーリング機能を使えば、スマホの画面をテレビ画面に表示させることが可能になります。みんなで画面共有して、ゲームや動画を楽しみたい時にぴったり!小さな文字が見づらい高齢者の方にとっても便利です。

ただし配信されているテレビ番組を、ミラーリングを活用して無料配信することは違法となるので絶対にやめましょう。他にもキャスト機能を利用してテレビ画面で見る方法もあります。

ミラーリングの方法は「有線接続」と「無線接続」

ミラーリングは有線接続と無線接続の2つの方法があります。それぞれメリットとデメリットがあるので、自身の環境に合った方法で接続しましょう。

1. 有線接続

有線接続はHDMIケーブルを使って接続する方法です。テレビとスマホをケーブルでつなげるだけでミラーリングできるので、機械が苦手な方や高齢の方におすすめ。また通信も有線のほうが安定しやすいので、確実にスマホ画面をテレビで観たい場合は有線がよいでしょう。

ただし有線接続でミラーリングする場合、ケーブルの長さの範囲でしか動画共有を楽しめないのがデメリットです。コードが長くなれば、邪魔に感じることもあるでしょう。またスマホの充電口を利用するため、ミラーリング中は充電できないことにも注意する必要があります

また、iPhoneの場合、純正品の「Lightning Digital AVアダプタ」が発売されていますが、Androidの場合「DisplayPort Alternate Mode」が搭載されている機種かつ対応した「USB Type-C to HDMI変換ケーブル」を用意する必要がありますので、ご注意ください。

2. 無線接続

無線接続はWi-Fiを利用して接続する方法です。メリットはなんといっても自由度が高いところでしょう。スマホとケーブルと繋ぐ必要がないので、電波の届く範囲内であれば自由に動き回ることができます。もちろん充電しながら接続も可能です。長時間ミラーリングする場合は、充電しながら使える無線接続が便利でしょう。

しかし有線接続に比べて通信環境が不安定になりやすいのがデメリットです。環境や場所により通信が途切れたり、画質が悪くなったりする可能性があります。スマホゲームなどタイミングが重要なコンテンツを楽しむ場合には、不便を感じることもあるかもしれません。また有線接続に比べて機器の値段が高くなりやすいこともデメリットです。(Fire TV StickやChromecastなど)

まとめ

スマホでテレビを見る方法、そしてスマホをテレビに映す方法について解説しました。スマホでテレビを視聴する方法は色々ありますが「観たいものが決まっている」「リアルタイムの番組を観たい」場合は、テレビチューナーが圧倒的におすすめです。一度購入すれば月額料金がかかることなく、スマホでテレビ番組を楽しめます。

海外ドラマやオリジナルコンテンツ、過去の人気作品を観たい場合は、動画配信サービスやテレビ局が提供しているアプリを利用するとよいでしょう。

またスマホの画面をみんなで共有したい場合は、ミラーリングという方法で実現可能です。有線接続であれば安定した通信環境で楽しめますし、無線接続は自由度が高く充電しながら接続できます。どちらにもメリットとデメリットがあるので、自身に合った方法で接続して楽しみましょう。

この記事について

外付けテレビチューナー Xit(サイト)シリーズや、それに関連した情報に興味のあるお客様向けのお役立ち情報をあつめました。初心者の方にも分かりやすく画像付きで解説しています。

記事一覧

テレビが見られる製品 Product