現在位置 : ホーム > 会社情報 > プレスリリース 2014年 > インドでの携帯電話基地局のエネルギーマネジメントシステムの実証に光触媒塗料で参画

インドでの携帯電話基地局の
エネルギーマネジメントシステムの実証に光触媒塗料で参画

2014年8月7日

株式会社ピクセラ(本社 : 大阪府大阪市、代表取締役社長 : 藤岡 浩、以下 当社)は、経済産業省および独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下 NEDO)が実施している「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 携帯電話基地局エネルギーマネジメントシステム実証事業(インド)」において、現地との基本協定書(MOU)の締結に参画したことをお知らせします。

MOU式典の様子

2014年8月6日に、NEDOとインド財務省経済局(MOF/DEA)、通信IT省電気通信局(DOT)、新・再生可能エネルギー省(MNRE)、GTL インフラストラクチャー社、VIOM ネットワークス社との間で、インド国内にて携帯電話基地局のエネルギーマネジメントを行う技術実証事業を行うことが合意され、基本協定書(MOU)が締結されました。当社は、当社のグループ会社である株式会社ピアレックス・テクノロジーズの光触媒技術(特許保有)を用いて、本事業に参画します。

事業概要

インドにおいて急増している携帯電話基地局の電力供給のために、再生可能エネルギーとリチウムイオンバッテリーを導入し、エネルギーマネジメントを行うことで、ディーゼル燃料の消費量を削減すると共に、安定的に電力を供給するシステムの実現を目指す事業です。

当社の役割

当社の光触媒塗料を用いて、日射の強いインドにおける携帯電話基地局の外壁や屋根の高日射反射率を持続させ、建物内の温度上昇を抑制することで空調の稼働率を下げ、基地局内で使用する電力量の削減を行うのが当社の役割です。エネルギーマネジメントシステムとの相乗効果についての実証を行います。

今後、当社の独自技術の展開を通じて、日本・インド両国の良好な関係構築に貢献していくとともに、現在約40万箇所ある携帯電話基地局への製品導入を目指していきます。

NEDO プレスリリース

インドの携帯電話基地局でエネルギー・マネジメント・システムを実証へ

関連

インドで携帯電話基地局へのエネルギーマネジメントシステム実証事業に参画

株式会社ピアレックス・テクノロジーズ

お問い合わせ窓口

弊社営業窓口へのお問い合わせは、以下をご利用ください。

お問い合わせ窓口(法人のお客さま)専用メールフォーム

文中に記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標もしくは登録商標です。
本プレスリリースは、発表日現在の情報です。検索日と情報が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。