現在位置 : ホーム > 会社情報 > プレスリリース 2014年 > Windowsで利用可能なHybridcast機能を開発

Windowsで利用可能なHybridcast機能を開発

2014年5月22日

株式会社ピクセラ(本社 : 大阪府大阪市、代表取締役社長 : 藤岡 浩 以下、当社)は、Windows で利用可能なHybridcast機能を開発したことをお知らせします。

Windowsパソコン対応テレビ視聴アプリケーション向けにHybridcast機能を開発しました。家電よりもネット接続率が高いパソコンで実現することにより、Hybridcastの利用機会が拡大すると考えています。

今後、当社のデジタルテレビチューナーソリューションへの対応や、ミドルウェアとしての外販を予定しています。

Hybridcastについて

2013年9月から各放送局より順次サービスが開始された、放送と通信を連携させた新しいテレビサービスです。これまでのデータ放送とは違い、インターネット経由でHTMLを利用する形でテレビ放送と連動したコンテンツを表示できる機能です。

今後、Hybridcast対応番組が増加し、さまざまなコンテンツが楽しめることが期待されています。

関連 (法人のお客さま向け)

ミドルウェアソリューション

お問い合わせ窓口

弊社営業窓口へのお問い合わせは、以下をご利用ください。

お問い合わせ窓口(法人のお客さま)専用メールフォーム

文中に記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標もしくは登録商標です。
本プレスリリースは、発表日現在の情報です。検索日と情報が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。