現在位置 : ホーム > 会社情報 > プレスリリース 2014年 > Windowsで利用可能なDTCP+ SDKを開発

Windowsで利用可能なDTCP+ SDKを開発

2014年1月21日

株式会社ピクセラ(本社 : 大阪府大阪市、代表取締役社長 : 藤岡 浩 以下、当社)は、Windows/Android™/iOS/組み込みOSで利用可能な当社のDTCP-IP SDKにDTCP+機能を追加したことをお知らせします。

DTCP+はデジタルコンテンツの著作権保護方式の一つであるDTCP-IPの枠組みで、録画番組を家庭内だけでなく、インターネット経由で外出先からも視聴(リモートアクセス機能)する際に用いられます。 今回、当社のDTCP-IP SDKのサーバー側、プレイヤー側の両方にDTCP+を対応しました。通信経路確立には、当社独自のP2Pセキュアトンネルが利用可能です※1。プレイヤーとしては、リモートアクセス時も家庭内と同様、通常再生だけでなく、トリックプレイ、字幕表示が可能となります。

また、DTCP+の規格で規定されているコピーカウント移動にも対応しているので、1回のMOVEで複数コピーカウントを移動させることも可能です。

関連 (法人のお客さま向け)

DTCP-IP SDK

お問い合わせ窓口

弊社営業窓口へのお問い合わせは、以下をご利用ください。

お問い合わせ窓口(法人のお客さま)専用メールフォーム

※1 お客様側で確立された環境を利用することも可能です。
文中に記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標もしくは登録商標です。
本プレスリリースは、発表日現在の情報です。検索日と情報が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。