現在位置 : ホーム > 会社情報 > プレスリリース 2011年 > パラグアイ初の公共放送開始記念式典でのISDB-Tセミナーにてピクセラが受信器メーカーとして講演

パラグアイ初の公共放送開始記念式典でのISDB-Tセミナーにて ピクセラが受信器メーカーとして講演

2011年5月16日

株式会社ピクセラ(代表取締役社長 藤岡 浩 以下、当社)は、パラグアイ共和国では初となる公共放送の開始記念式典で開催されたISDB-Tセミナーにて、日本の受信器メーカーとして講演したことをお知らせします。

概要

パラグアイは独立200周年を迎え、その記念となる年にあわせて、日本のデジタル放送方式であるISDB-Tを採用した、同国では初の公共放送が2011年8月15日から開始される予定です。

独立記念日にあたる5月15日に、首都アスンシオン市にて開催された公共放送の開始記念式典(ルゴ大統領出席)において、日本の総務省主催によるISDB-Tセミナーが開催されました。

当社は、本セミナーにてISDB-T受信器メーカーとして講演を行いました。今回のパラグアイでの講演により、ISDB-T受信機についての理解をより一層深めていただくことができました。

今後も諸外国でのISDB-T普及のための活動を行ってまいります。

関連 (法人のお客さま向け)

家電向け地上デジタル放送受信モジュールソリューション
家電向け地上/BS/110度CSデジタル放送対応オールインワンモジュールソリューション
地上デジタル放送対応簡易チューナーボックスソリューション
デジタル家電ソリューション

法人のお客さま向け デジタル家電 PRODIA(プロディア) - 液晶テレビ・チューナー

お問い合わせ窓口

ご質問や詳しい情報については、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ窓口(法人のお客さま)専用メールフォーム

文中に記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標もしくは登録商標です。
本プレスリリースは、発表日現在の情報です。検索日と情報が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。