現在位置 : ホーム > 会社情報 > プレスリリース 2011年 > ピクセラが開発した受信機が南米エクアドル国営放送での緊急警報試験放送の受信実験に成功

ピクセラが開発した受信機が南米エクアドル国営放送での緊急警報試験放送の受信実験に成功

2011年2月23日

株式会社ピクセラ(代表取締役 藤岡 浩 以下、当社)は、エクアドル共和国にて2月18日にエクアドル国営放送が実施した緊急警報放送(以下、EWBS)の受信実験を、当社が開発したISDB-T受信機で行い、ISDB-T方式(日本のデジタル放送方式)のEWBS受信の正常動作に成功したことをお知らせします。

受信実験の概要

2月18日、エクアドル国営放送が同局の放送波にEWBS信号を多重して送信。当社の受信機が自動起動、警報ブザー鳴動、自動サービスチャンネルへの切換に成功しました。

また、本実験は総務省委託研究開発「マルチバンドISDB-Tシステムの研究開発」の一環として実施しております。

現地でのデモンストレーション風景

今回の受信実験より、諸外国に向けたISDB-T方式の強みをPRすることに貢献できるとともに、この成果を今後の普及活動に活用して参ります。

関連 (法人のお客さま向け)

地上デジタル放送対応簡易チューナーボックスソリューション
デジタル家電ソリューション

法人のお客さま向け デジタル家電 PRODIA(プロディア) - 液晶テレビ・チューナー

お問い合わせ窓口

ご質問や詳しい情報については、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ窓口(法人のお客さま)専用メールフォーム

画面、機能説明写真はイメージです。
文中に記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標もしくは登録商標です。
本プレスリリースは、発表日現在の情報です。検索日と情報が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。