現在位置 : ホーム > 会社情報 > プレスリリース 2010年 > ピクセラが開発した受信機が南米ペルー国営放送での緊急警報試験放送の受信実験に成功

ピクセラが開発した受信機が南米ペルー国営放送での
緊急警報試験放送の受信実験に成功

2010年12月13日

株式会社ピクセラ(代表取締役 藤岡 浩 以下、当社)は、ペルー共和国にて12月5日にペルー国営放送が実施した緊急警報放送(以下、EWBS)の受信実験を、当社が開発したISDB-T受信機で行い、南米で初めて※1 となるISDB-T方式(日本のデジタル放送方式)のEWBS受信の正常動作に成功したことをお知らせします。

今回のEWBS試験放送の背景として、南米各国でのISDB-T方式の採用があります。

特に、地震大国であるペルーでは、ISDB-T方式が有するEWBS機能に注目されており、EWBS受信時に自動起動および警報通知ができる受信機が望まれていました。

当社は、総務省委託研究開発「マルチバンドISDB-Tシステムの研究開発」の一環として、南米で利用できる受信機を新規開発し、このたび、独立行政法人 国際協力機構(JICA)の協力を得て、ペルー国営放送が実施したEWBS試験放送の受信実験を行いました。

なお、この試験放送では、ISDB-T普及を目指す日本政府の協力による送出設備を運用しております。

受信実験の概要

12月5日、ペルー国営放送が同局の放送波にEWBS信号を多重して送信。当社の受信機が自動起動、警報ブザー鳴動、自動サービスチャンネルへの切換に成功しました。

また、12月6日には、ペルー国営放送の取材の元、デモンストレーションを実施しました。

ペルー運輸通信省より、以下のコメントをいただいております。

ペルー運輸通信省 シプリアーノ局長

「日本の努力に感謝したい。ペルーで早くEWBS対応受信機が販売され、運用が本格化するよう、引き続き日本の協力をお願いしたい。」

今回の受信実験より、諸外国に向けたISDB-T方式の強みをPRすることに貢献できるとともに、この成果を今後の普及活動に活用して参ります。

関連 (法人のお客さま向け)

家電向け地上デジタル放送受信モジュールソリューション
家電向け地上/BS/110度CSデジタル放送対応オールインワンモジュールソリューション
地上デジタル放送対応簡易チューナーボックスソリューション
デジタル家電ソリューション

法人のお客さま向け デジタル家電 PRODIA(プロディア) - 液晶テレビ・チューナー

お問い合わせ窓口

ご質問や詳しい情報については、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ窓口(法人のお客さま)専用メールフォーム

※1 【お詫びと訂正】 初出時に「日本以外で初めて」と記載していましたが、「南米で初めて」に訂正させていただきました。お詫び申し上げます。
文中に記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標もしくは登録商標です。
本プレスリリースは、発表日現在の情報です。検索日と情報が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。