現在位置 : ホーム > 会社情報 > プレスリリース 2009年 > ピクセラ、アナログ放送終了リハーサル用地上デジタルチューナーに採択

ピクセラ、アナログ放送終了リハーサル用地上デジタルチューナーに採択

2009年10月2日

株式会社ピクセラ(代表取締役 藤岡 浩 以下、ピクセラ)は、社団法人デジタル放送推進協会が運営する総務省テレビ受信者支援センター(以下、総務省テレビ受信者支援センター)が公募をおこなっていた、石川県珠洲市におけるアナログ放送終了リハーサルに関する調査研究のための "地上デジタル放送用「簡易なチューナー」購入に係る公募" に採択されたことをお知らせします。

地上デジタル放送用「簡易なチューナー」購入に係る公募について

石川県珠洲市で実施予定のアナログ放送終了リハーサル(全国に先駆けてアナログ放送を終了する実験)に係る調査研究目的でおこなわれた公募です。

総務省テレビ受信者支援センターによる公募ページ
総務省テレビ受信者支援センターによる発表情報詳細について

製品について

コンパクト設計ながら、マルチリモコン対応など使いやすさを追求した製品(品番 : PRD-BT103-PM1)です。

4:3テレビでも見やすい画面モード切換、字幕放送対応、音声切換対応のモデルとなります。

また、設置がスムーズにおこなえるように、チャンネルスキャン情報や設定情報をあらかじめコピーできるサービスマン用端子を装備しています。

PRD-BT103-PM1 製品本体/付属リモコンイメージ

今回、国内で初めて実施されるアナログ放送終了リハーサルでピクセラ製品が使われることにより、地上デジタル放送のさらなる普及への貢献が期待できます。

関連 (法人のお客さま向け)

地上デジタル放送対応簡易チューナーボックスソリューション
デジタル家電ソリューション

お問い合わせ窓口

ご質問や詳しい情報については、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ窓口(法人のお客さま)専用メールフォーム

画面、機能説明写真はイメージです。
文中に記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標もしくは登録商標です。
本プレスリリースは、発表日現在の情報です。検索日と情報が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。