現在位置 : ホーム > 会社情報 > プレスリリース 2008年 > ピクセラ、地上デジタル放送対応ダブルチューナー搭載キャプチャーボードが日本HP社製パソコンに採用

ピクセラ、地上デジタル放送対応ダブルチューナー搭載キャプチャーボードが 日本HP社製パソコンに採用

2008年7月9日

株式会社ピクセラ(代表取締役 藤岡 浩 以下、ピクセラ)は、地上デジタル対応ダブルチューナー搭載のPCI Express(ピーシーアイエクスプレス)接続型テレビキャプチャーボード(型番 : PIX-DT111-WE0)が、日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社 : 東京都千代田区 代表取締役 社長執行役員 小出伸一氏 以下、日本HP)製パソコン「HP Pavilion Desktop PCシリーズ」のハイエンドモデル「HP Pavilion Desktop PC m9380jp/CT(以下、m9380jp/CT)」のCTO(仕様注文生産)オプション製品として採用されましたことをお知らせいたします。

本製品は、ロープロファイルPCI ExpressボードにRfStream社(当社持分法適用関連会社)製シリコンチューナーを2機搭載した省スペース・省電力設計のダブルチューナーモデルです。

シリコンチューナーを2機搭載しているので、裏番組を録画しながら好きなチャンネルを視聴することや、2つの番組を同時録画することができるほか、本年7月4日に開始されたダビング10にも対応し、録画した番組をDVDディスクへ書き出すこともできます。※1

"観る・録る・残す"というテレビキャプチャー製品の主要機能を強化し、地上デジタル放送を最大限に楽しむことができるパソコン用テレビキャプチャーボードです。

またシリコンチューナーを使用することで、ダブルチューナーでありながら当社従来製品(地上デジタル対応シングルチューナーモデル : 「PIX-DT050-PP0」= 最大約6.4W)を下回る低省電力を実現いたしました。

製品外観 「PIX-DT111-WE0」

製品仕様

型番 PIX-DT111-WE0
対応放送/伝送規格 地上デジタル放送/ISDB-T(CATVパススルー対応)
同一周波数パススルー、周波数変換パススルー方式対応
インターフェイス PCI Express
本体外形寸法 約100mm×68.5mm
質量 約58g
消費電力(最大) 約5.85W
搭載チューナー RfStream社製 TDJ1040ST×2

本製品は、昨年12月に続くピクセラ製テレビキャプチャーボードの採用であり、本年8月に日本HP社ウェブサイトで販売されます。

世界トップシェアを誇るHP社の日本国内での販売拡大を目指すフラグシップモデルに採用され、CTOという幅広いユーザーを対象とした形態で販売されることは、デジタル放送対応キャプチャーボードの市場拡大の大きな機会であり、当社としても、さらなる市場拡大を目指して製品開発に努めてまいります。

日本HP社 - 公式ウェブサイト
HP Directplus - オンラインストア

※1対応ディスクについては機種によって異なります。詳細は、日本HP社ウェブサイトをご確認ください。
画面、機能説明写真はイメージです。
文中に記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標もしくは登録商標です。
本プレスリリースは、発表日現在の情報です。検索日と情報が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。