4Kチューナーとは?必要性や発売時期、値段について

衛星放送のテレビ

2018年12月1日、待ちに待った4K放送がスタートしました。地上波放送やBS/110度CS放送に加えて、スポーツや映画、時代劇などの専門チャンネルが追加されるため、娯楽の幅がグンと広がっています。しかし、4K放送に備えてテレビを購入していたものの、「4Kチューナー」がないばかりに、新しいチャンネルが見られないというケースも続出しているのです。
今回は、すべての4K放送を視聴するために必要な、4Kチューナーの特徴や値段などについて詳しく解説していきます。4Kチューナーの必要性を理解して、最適な商品を手に入れましょう。

4Kチューナーとは

4K放送で追加されたチャンネルを見るには、さまざまな設備が必要ですが、4Kチューナーもその1つ。アンテナが受信した電波を映像化するのに、欠かせない機器です。

テレビ放送は「地デジ放送」と「衛星放送」に分かれています。最新の4Kと8K放送は衛星放送に分類され、各テレビ局が宇宙を旋回している静止衛星に電波を送り、これを各家庭がパラボラアンテナで受信しているのです。
しかし、4K、8Kの電波を受信しただけでは、4Kコンテンツはテレビに映りません。受信した電波の中から必要な波(チャンネル)を選びだす機器が必要で、この役割を担うのに4Kチューナーが必要になります。
少し難しく聞こえるかもしれませんが、4Kチューナーは下記のように定義されています。

  1. BS4K放送又は110度CS4K放送を受信可能
  2. 4K放送受信時に2,160pで出力可能を基本とする

(※2,160pとは、横の解像度を示す数字です(p=ピクセル))

4Kチューナーはなぜ必要なの?

2017年4月1日より試験放送が開始されましたが、この時から放送開始前に発売されていたのが、4Kチューナーを内蔵していないタイプの「4K対応テレビ」です。

家電量販店などに足を運ぶと、「4K対応テレビ」と「4Kテレビ」2種類のテレビが販売されています。このうち、4Kチューナーが内蔵されているのは4Kテレビです。4Kチューナーが内蔵されていない4K対応テレビでは、「BS右旋(うせん)」に分類される6つのチャンネル(NHK BS4K、BS朝日 4K、BSテレ東 4K、BS日テレ 4K(2019年9月1日放送開始)、BSフジ 4K、BSTBS 4K)を含む4K放送を視聴できません。

そこで必要になるのが、外付けタイプの4Kチューナーです。アンテナから引いたケーブルをチューナーにつなげ、さらにその先に4K対応テレビを接続すれば、上記6チャンネル以外にも、BS左旋(ザ・シネマ、WOWOWなど)や110度CS左旋(J SPORTS、日本映画+時代劇など)も楽しめます。
4Kチューナーには、4K放送を楽しむだけのタイプのほかに、ネットに接続して動画コンテンツを楽めるものや、ハードディスクを接続して番組を録画するといった機能が搭載された商品もあります。目的に合わせて最適なアイテムを選べば、動画の楽しみが何倍にも広がること間違いなしです。

4Kチューナーはいつ発売?値段は?

4Kチューナーはお手頃価格で販売されていますが、すべての4K放送を見るには、自宅の設備や見たいチャンネルによって、必要なアイテムが変わってきます。

4K放送はすでに本放送が始まっているため、チューナーが内蔵されていない4K対応テレビ用の4Kチューナーが、各社から発売されています。PIXELAの4Kチューナー(PIX-SMB400)は、4K放送開始に先駆けて、2018年9月12日から販売を開始しています。メーカーのオンラインショップはもちろんのこと、全国の家電量販店やネットのショッピングモール(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング)などで取り扱い中です。

公式サイトでの販売価格は32,184円となっています。(※税込、2019年4月9日時点の情報)

PIX-SMB400は、BSやCSだけでなく、YouTubeやNetflix、U-NEXTやAbemaTVなど、さまざまなインターネットで配信されている動画サービスの視聴ができるのが特徴です。
また、「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」に対応しており、サウンドバーなどのスピーカーをを接続すると、映像だけでなく音まで立体になり、究極の臨場感が味わえます。(※Dolby Atmos対応作品に限る)

4Kチューナーを操作する専用リモコンは、音声認識に対応しているうえに、Googleアシスタントボタンも搭載していますから、番組名や歌手・俳優名をマイク部分に呼びかけるだけで、該当する番組を瞬時に検索してくれるのです。
見たい番組が直感的な操作で見つかるので、老若男女問わず誰でも究極の映像美と、多彩なコンテンツの虜になることでしょう。
さらに、PIX-SMB400には、USBハードディスクを取り付けることもできますから、お気に入りの番組を撮りだめて、ビデオライブラリーを作るといった楽しみも生まれます。

4K対応テレビと4Kテレビの違いとは?

次に、まぎらわしい4K対応テレビと4Kテレビの違いを、わかりやすくご紹介します。みなさんもここで理解を深めてみましょう。

ここまでの解説で4Kチューナーの必要性と、チャンネル視聴に必要な設備が理解できたと思いますが、4K対応テレビと4Kテレビの根本的な違いについて、混乱している方も多いことでしょう。両者の違いを一言で言うと“テレビに4Kチューナーが内蔵しているかしていないか”ということになります。

▼ 4Kテレビ

4Kテレビは、4Kチューナーが内蔵されているテレビです。アンテナが受信したBS右旋とBS左旋、そして110度CS左旋の4K放送に対応した電波を、テレビ内に内蔵されたチューナーが選別し、チャンネルに合わせて映像を映し出す機能が搭載されています。外付けタイプの4Kチューナーを購入しなくて済むため、チューナーを置くスペースを確保する必要もないというメリットもあるのです。
また、Android TV搭載タイプでしたら、PIX-SMB400のようにインターネットで配信されている動画も高画質で楽しめます。

▼ 4K対応テレビ

4K対応テレビは4Kチューナーが内蔵されていないテレビです。2018年11月までの4K放送は試験放送だったため、この時点では、家電量販店などで販売されていたテレビのほとんどが、この4K対応テレビでした。
先ほどもお伝えしたように、従来の地デジ・BS/110度CS放送だけ視聴したい方であれば、今の環境でも問題ありませんが、高精細な4K映像の番組や、映画やスポーツなどの専門チャンネルも見たい場合は、4K・8K対応アンテナと、4Kチューナーを購入しなくてはなりません。
4Kチューナーでしたら、PIXELAの4Kチューナー(PIX-SMB400)があれば安心です。本放送が始まり、コンテンツがどんどん充実している今こそ、4K放送の環境を整える時期と言えるでしょう。
また、4K・8K対応アンテナでしたら、5,000~10,000円ぐらいで手に入ります。ただし、取り付け費用が別途かかることがあるため注意が必要です。

4Kチューナー内蔵テレビがおすすめ

ここまでの解説で、4K放送を楽しむには、4Kチューナーが不可欠であることがお分かりいただけたことでしょう。最初のセッティングや機器選びは、少し面倒に感じるかもしれませんが、先ほどもお話したとおり、

  • 4K対応テレビを持っている方は、PIXELAの4Kチューナー
  • 4Kテレビの購入を検討している方は、4Kチューナー内蔵のPIXELAの4Kテレビ

このような選択で最新の映像を楽しむ環境を整えてみましょう。
自宅で映画館やライブ会場の臨場感を味わえたり、海や山にいるかのような自然美を堪能できたりする4Kの映像。みなさんも、ぜひ、体感してみてはいかがですか?