株式会社ピクセラ | PIXELA CORPORATION [ Japan ] - Create the Vision


PixeCable H2

製品情報へ

Q&A

「CD-200エラー」が表示されるのですが?(BJC-465J の場合)
キヤノン社製プリンタドライバ「BJC-465J」を選択すると発生します。
BJC-465J 対応のプリンタドライバは、キヤノン社、ピクセラ製の 2 種類があります。「PixeCable」を接続して印刷を行う時は、必ずセレクタで「PixeColor465J」を選択しなければなりません。セレクタでの設定を再度ご確認ください。
「ケーブルとの通信ができません」というエラーが表示されるのですが?
・ケーブルを認識していない時に表示されます。弊社のプリンタドライバは、弊社の専用ケーブルをご使用いただかないと動作しません。
それぞれのプリンタに対応した弊社製の専用ケーブルをご使用かを確認してください。
・セレクタの「出力先の選択」の設定と、ケーブルの接続ポートが一致しているかをご確認ください。
・ケーブルが何らかの原因で破損している可能性があります。
お手数ですが、弊社ユーザーサポートセンター部までご連絡ください。
「シリアルがオープンできません」というエラーが表示されるのですが?
・セレクタで、AppleTalk を「不使用」に設定してみてください。
・印刷するシリアルポートが開放されていなければなりません。
FAX やインターネット等の通信関係ソフトをインストールされている場合、ポートが占有され印刷ができない場合があります。
コントロールパネルの機能拡張マネージャで通信関連書類等を一時的に外して印刷をお試しください。
「スキャナが見つかりません」というエラーが表示される、または「通信ができません」というエラーが表示されるのですが?(PixeCable H2)
・スキャナカートリッジを交換された後は、必ずプリンタの電源を入れ直してください。プリンタがインクカートリッジを装着していると認識している場合がある為です。(インクカートリッジに交換された場合も同様です)
・プリンタに出力する際、セレクタでバックグラウンドプリントを「ON」に設定している場合は、セレクタでプリンタドライバを選択し、バックグラウンドプリントを「OFF」に設定してください。
・プリンタに出力できるかどうかをご確認ください。出力できる環境でなければ、スキャナをご利用頂くことはできないためです。
・通信関係書類がインストールされているとできない場合があります。
[アップル]メニューの[コントロールパネル]の[機能拡張マネージャ]で、通信関係書類のチェックを外してMacintoshを再起動後ご利用ください。

※ 外す書類には「ファックス送信」「ファックス機能拡張」「テレフォン機能拡張」「アップルフォン機能拡張」等がありますが、お客様の環境により異なります。
「プリンタがオフラインです」というエラーが表示されるのですが?(BJ-F100/F200 の場合)
プリンタの電源を入れ直してください。プリンタには[電源]ボタンがありませんので、電源のコンセントを抜き再度入れてください。
「プリンタが動作中です」というメッセージが表示されるのですが?
・プリンタが何らかの原因で印刷ができない状態です。プリンタをリセットする、もしくはプリンタの電源を入れ直してください。 ・プリンタがメンテナンスモードの作業を行ってる場合があります。しばらく待って再度印刷してみてください。 ・弊社のケーブルは Macintosh から電源を供給している為、必ず Macintosh を先に起動してください。Macintosh が完全に起動してからプリンタの電源を入れてください。この手順で電源を入れていない時に表示される場合があります。
「プリンタとの通信ができません」というエラーが表示されるのですが?(PixeCable H2)
・ケーブルを認識していない時に表示されます。弊社のプリンタドライバは、弊社の専用ケーブルをご使用いただかないと動作しません。
それぞれのプリンタに対応した弊社製の専用ケーブルをご使用かを確認してください。
・プリンタドライバの初期設定ファイルを捨ててお試しください。
1. プリンタドライバの初期設定ファイル(「PixePrefPXtt」もしくは「PixePrefFolder」)を、「システムフォルダ」の「初期設定」フォルダから捨ててください。
2. キーボードの[Option]と[コマンド]キーを押しながらセレクタを開いてください。
3. 開く際に音が鳴ります。音が鳴ったらキーボードから手を離して、セレクタでの設定をし直してお試しください。
・弊社のケーブルの内部に CPU が内蔵されている為、Macintosh から電源を供給しています。必ずMacintoshを先に起動してください。
Macintosh が完全に起動してからプリンタの電源を入れてください。この手順で電源を入れていない時に表示される場合があります。
・セレクタの「出力先の選択」の設定と、ケーブルの接続ポートが一致しているかをご確認ください。
・印刷するシリアルポートが開放されていなければなりません。
FAX やインターネット等の通信関係ソフトをインストールされている場合、ポートが占有され印刷ができない場合があります。接続ポートを変更して頂いたり、コントロールパネルの機能拡張マネージャで通信関連書類等を一時的に外して印刷をお試しください。

「プリンタビジーエラー」が表示されるのですが?(PixePrint220J/220JII の場合)
・セレクタでドライバを選択し「初期設定」ボタンをクリックして、「プリンタの選択」をご使用のプリンタに設定してください。
・プリンタ本体の設定を確認してください。(「PixePrint220JII」の取り扱い説明書 4 〜 5 ページを参照してください)
220Jシリーズの場合
インターフェースを「シリアル」、動作モードを「BJ」、用紙選択を「A3タテ」に設定してください。
220JIIシリーズの場合
インターフェースを「シリアル」または「ジドウ」に設定してください。
プリンタの設定を確認する場合
・プリンタの電源を入れオフライン状態にしてください。
「メニュー」ボタンを何回か押すと、液晶パネルに「設定状態一覧」が表示されます。その状態で、用紙をセットし「実行」ボタンを押してください。現在のプリンタの設定状態が印刷されます。
・ネットワークやバックグラウンドプリントで「QuickShare」プリントサーバをご使用頂く場合は、QuickShare を起動後、「オプション」メニューのプリンタの設定を行ってください。
「ボックスエラー(タイムアウト)」が表示されるのですが?(PixeColorJr./PixeColor400J の場合)
・通信ができない時に発生します。
Macintosh とプリンタの電源を切り、ケーブルを外してください。その状態で、しばらく(できれば 15 〜 30 分程)置いてください。
再接続後、必ず Macintosh を先に起動してください。完全に起動してから、プリンタの電源を入れてください。通常はこの手順で解消しますが、この方法で直らない場合は、接触不良、あるいはケーブル内部基盤の破損の可能性がありますので、お手数ですが、ユーザーサポートセンターまでご連絡ください。
・印刷するシリアルポートが開放されていなければなりません。
FAXやインターネット等の通信関係ソフトをインストールされている場合、ポートが占有され印刷ができない場合があります。接続ポートを変更して頂いたり、コントロールパネルの機能拡張マネージャで通信関連書類等を一時的に外して印刷をお試しください。
「メモリ不足エラー」が表示される、白黒印刷はできるがカラー印刷ができない、 印刷の途中でフリーズしたり、白紙で排出され印刷ができないのですが?
印刷しているアプリケーションに割り当てるメモリが不足している可能性があります。
弊社のプリンタドライバは、アプリケーションのメモリを使用して印刷する仕様の為です。割当メモリを増やしてお試しください。
「ユーティリティ」ボタンが表示されないのですが?
セレクタでプリンタドライバを選択し、バックグラウンドプリントを「OFF」に設定して頂ければ、[用紙設定]及び[印刷設定]画面に[ユーティリティ]ボタンが表示されます。
「選択されたポートでは印刷ができません」というエラーが表示されるのですが?
・印刷するシリアルポートが開放されていなければなりません。FAX やインターネット等の通信関係ソフトをインストールされている場合、ポートが占有され印刷ができない場合があります。
接続ポートを変更して頂いたり、コントロールパネルの機能拡張マネージャで通信関連書類等を一時的に外して印刷をお試しください。
・Opentransport が搭載されている Macintosh で、AppleTalk「使用」に設定している場合に 多く見られます。
印刷を行うシリアルポートが開放されている必要があります。また、AppleTalk「使用」に設定する場合は、コントロールパネルの「AppleTalk」で AppleTalk をどのポートで経由するかを設定する必要があります。(AppleTalk「不使用」の場合は、設定する必要はありません)
・AppleTalk「使用」、プリンタポート接続に設定したい場合
コントロールパネルの「AppleTalk」で「経由先」を「プリンタポート」に設定すると、プリンタポートが AppleTalk に占有されてしまいます。このため、経由先を「プリンタポート」以外に設定する必要があります。
EtherTalk 環境でご使用の場合は、経由先を「Ethernet」に設定してください。
EtherTalk 環境でない場合は、経由先を「モデムポート」に設定してください。この時、モデムポートが通信等(LocalTalk 環境以外)で使用されている場合は、経由先を「モデムポート」に設定できないので、セレクタで AppleTalk を「不使用」に設定しなければなりません。
設定後は、Macintosh を再起動してください。
・AppleTalk「使用」、モデムポート接続に設定したい場合
コントロールパネルの「AppleTalk」で「経由先」を「モデムポート」に設定すると、モデムポートが AppleTalk に占有されてしまいます。この為、経由先を「モデムポート」以外に設定する必要があります。
EtherTalk 環境でご使用の場合は、経由先を「Ethernet」に設定してください。
EtherTalk 環境でない場合は、経由先を「プリンタポート」に設定してください。この時、プリンタポートが何らかの理由で使用されている場合(LocalTalk 環境以外)は、経由先を「プリンタポート」に設定できないので、セレクタで AppleTalk を「不使用」に設定しなければなりません。
設定後は、 Macintosh を再起動してください。
・AppleTalk「使用」、プリンタ/モデムポートを両方使用したい場合
EtherTalk 環境でないと、この設定はできません。EtherTalk 環境の場合は、コントロールパネルの「AppleTalk」で「経由先」を「Ethernet」に設定し、Macintosh を再起動してください。EtherTalk 環境でない場合でプリンタ/モデムポートの両方をご使用になりたい場合は、AppleTalk を「不使用」に設定しなければなりません。設定後は、Macintosh を再起動してください。
「白基準が設定されていない」というエラーが表示されるのですが?
・一度も白基準設定を設定していない場合
ご利用のアプリケーションから、スキャニング画面を表示してください。
スキャナカートリッジに付属されていた白基準シートをプリンタにセットして、画面の「白基準設定]ボタンをクリックし実行します。
・すでに白基準設定を設定している場合
スキャニング画面の左側にある取り込む範囲(黒い枠)を、150×150mm 程(小さく)に設定し、白基準設定をやり直してください。
・「IS-Scan Ver1.10」以前のスキャナドライバで、白基準設定がうまく保存できない場合がある不具合が確認されております。
アップデートしてお試しください。
PowerBookG3、PowerBook3400、PowerMacintoshG3 のモデムポートで印刷できないのですが?
・「ピクセケーブルとの通信ができません」のエラーが表示される場合
シリアルポートの仕様が従来の Macintosh と異なっている為、PowerBookG3 がリリースされる前に出荷されているケーブルでは、ケーブルを認識しない場合があります。
該当製品をご利用の場合は、ご登録を頂いていることを確認させて頂いた上でケーブルを交換(有償)いたしますので、お手数ですが、ユーザーサポートセンター部までご連絡ください。
該当製品:PixeCableB2、PixeCableH1と、PixeCableH2 のシリアル No. 027000 以前
・弊社のケーブルの内部に CPU が内蔵されている為、Macintosh から電源を供給しています。必ず Macintosh を先に起動してください。Macintosh が完全に起動してからプリンタの電源を入れてください。
・セレクタで、必ず AppleTalk を「不使用」に設定してください。
・印刷するシリアルポートが開放されていなければなりません。
FAX やインターネット等の通信関係ソフトをインストールされている場合、ポートが占有され印刷ができない場合があります。
コントロールパネルの機能拡張マネージャで通信関連書類等を一時的に外して印刷をお試しください。
USB ポート搭載 Macintosh からの印刷ができないのですが?
現在のプリンタドライバの仕様で、クライアント機・サーバ機ともにシリアルポート搭載 Macintosh をご利用頂かなければ、ネットワークでプリンタを共有することはできません。
スキャナドライバのアイコンをダブルクリックしても開かないのですが?
弊社のスキャナドライバは、Adobe 社「PhotoShop」のプラグイン形式に準拠しておりますので、スキャナドライバ単体では動作しません。
別途、プラグ対応アプリケーションが必要になります。(代表的なアプリケーションには、Adobe社「PhotoShop」や「PhotoDeluxe」等がありますが、そういったアプリケーションをご利用ではない方でも、WonderBJ シリーズプリンタに標準添付される弊社製「PixeColorPlayer」をご利用頂けます。)
アプリケーションのフォルダにある「PlugIn(プラグイン)」フォルダにスキャナドライバをドラッグ&コピーし、ご利用のアプリケーションからスキャナドライバを起動してください。
セレクタでプリンタドライバが認識されないのですが?(PixeCable H2)
弊社のプリンタドライバは QuickDraw 対応の為、漢字Talk7.5 以降の QuickDrawGX 環境でご利用頂くことはできません。
コントロールパネルの機能拡張マネージャで「GX」関連書類のチェックを外し、Macintosh を再起動してご利用ください。
ネットワークでプリンタを共有している場合、サーバ機で「プリンタとの通信ができません」というエラーが表示されるのですが?
・ネットワークでご使用の場合、サーバ機とクライアント機の出力先を統一しなければなりません。
サーバ機で印刷ができるかをご確認ください。
・サーバ機で印刷ができる場合
バックグラウンドプリントを「OFF」で印刷できるかを確認してください。
バックグラウンドプリントが「OFF」の状態でできない場合は、ネットワークでもできません。
・クライアント機が PowerBook の場合
・モデムが内蔵されている Macintosh は、モデムポートでの印刷ができません。この為、出力先はプリンタポートに限られます。
弊社のプリンタドライバの仕様により、サーバ機とクライアント機の出力先は統一しなければならないので、サーバ機ではプリンタをプリンタポートに接続してください。サーバ機がモデム内蔵型の場合も同様に、クライアント機ではプリンタポート接続になります。
・サーバ機とはプリンタが接続されている Macintosh、クライアント機とはネットワーク上にあるプリンタと接続されていない Macintosh のことを言います。

プリンタドライバの再インストールの方法を教えてください。(PixeCable H2)
1. 「システムフォルダ」の「機能拡張」フォルダから「PixeColor(プリンタ名)」と、「PX Module」もしくは「CBJHTComponent」「CBJSMComponent」「CWCC2Component」をゴミ箱に捨ててください。
2. 「システムフォルダ」の「初期設定」フォルダから「PixePrefFolder」もしくは「PixePrefPXtt」をゴミ箱に捨ててください。
3. プリンタドライバの再インストールを行ってください。
4. 再起動後、「Option」と「Command」キーを押しながら、セレクタを開いてください。
5. 開く際に音が鳴ります。音が鳴ったらキーボードから手を離して、セレクタでの設定をし直してお試しください。
ヘッドの微調整(レジ調整)の方法がわからないのですが?(BJC-700J の場合)
プリンタのヘッドの微調整(レジ調整)を下記の手順で行ってください。
1. [ファイル]メニューの[用紙設定]を選択します。
2. [ユーティリティ]ボタンをクリックし、プリンタに用紙をセットしてください。
3. テストプリントの右側のボタンをクリックしてください。
4. 印刷された結果をご覧になって、A/B/C 各々の一番綺麗に印刷されている数値を、画面で設定してください。
5. プリンタに用紙をセットして、[設定]ボタンをクリックしてください。
6. 印刷された結果をご覧になって、A/B/C 各々が設定通りに印刷されていることを確認して頂いた上で、D の一番綺麗に印刷されている数値を画面に設定して[設定]ボタンをクリックしてください。
7. プリンタに用紙をセットして、[テスト印刷]ボタンをクリックしてください。
8. 印刷された結果をご覧になって、設定通りに印刷されていることを確認後「戻る」ボタンをクリックしてください。以上で設定完了です。
モデム内蔵型の Performa や PowerMac で印刷できないのですが?
モデムが内蔵されている場合は、Macintosh の仕様で AppleTalk「使用」及び「モデムポート」では印刷できません。
セレクタで AppleTalk を「不使用」に設定し、プリンタポート接続にしてください。
印刷状況のグラフが 0% のままで進まないのですが?
・プリンタドライバの初期設定ファイルを捨ててお試しください。
1. プリンタドライバの初期設定ファイル(「PixePrefPXtt」もしくは「PixePrefFolder」)を、「システムフォルダ」の「初期設定」フォルダから捨ててください。
2. キーボードの[Option]と[コマンド]キーを押しながらセレクタを開いてください。
3. 開く際に音が鳴ります。音が鳴ったらキーボードから手を離して、セレクタでの設定をし直してお試しください。
・印刷しているアプリケーションに割り当てるメモリが不足している可能性があります。
弊社のプリンタドライバは、アプリケーションのメモリを使用して印刷する仕様の為です。割当メモリを増やしてお試しください。
・プリンタドライバのアップデートをお試しください。
横印刷(ランドスケープ)を行うと、設定した左マージンが効かないのですが?
・セレクタでバックグラウンドプリントを「OFF」に設定してください。
・PixeColor240J/PixeColor35VII/PixeColor420J の場合は、Ver1.0-70 以前の不具合です。Ver1.0-80 以降で解消しております。
PixeColor250J/PixeColor430J/PixeColor80V の場合は、Ver1.0-20 以前の不具合です。Ver1.0-30 以降で解消しております。
PixeColor465J の場合は、Ver1.0-00 の不具合です。Ver1.0-10 以降で解消しております。
PixeColor700J Ver1.0-40 以前の不具合です。Ver1.0-50 以降で解消しております。
ダウンロードして、プリンタをアップデートしてください。
下マージンが大きくなるのですが?(PixePaint3035V の場合)
Ver1.03 以前では、下マージンの初期値が「22mm」になっていたのを、 Ver1.04 以降で「13mm」にしております。アップデートしてください。
画像が印刷されないのですが?
・画像の保存形式を確認してください。弊社のプリンタドライバで、QuickTime 圧縮された画像が印刷できない場合があります。
「PICT」や「JPEG」等のファイル保存の時に「圧縮しない」状態で保存した画像を印刷してみてください。
・印刷しているアプリケーションに割り当てるメモリが不足している可能性があります。
弊社のプリンタドライバは、アプリケーションのメモリを使用して印刷する仕様の為です。割当メモリを増やしてお試しください。
画像の輪郭部分等に白い筋のようなものが入るのですが?(BJC-700J の場合)
プリンタのヘッドの微調整(レジ調整)を下記の手順で行ってください。
1. [ファイル]メニューの[用紙設定]を選択します。
2. [ユーティリティ]ボタンをクリックし、プリンタに用紙をセットしてください。
3. テストプリントの右側のボタンをクリックしてください。
4. 印刷された結果をご覧になって、A/B/C 各々の一番綺麗に印刷されている数値を、画面で設定してください。
5. プリンタに用紙をセットして、[設定]ボタンをクリックしてください。
6. 印刷された結果をご覧になって、A/B/C 各々が設定通りに印刷されていることを確認して頂いた上で、D の一番綺麗に印刷されている数値を画面に設定して[設定]ボタンをクリックしてください。
7. プリンタに用紙をセットして、[テスト印刷]ボタンをクリックしてください。
8. 印刷された結果をご覧になって、設定通りに印刷されていることを確認後「戻る」ボタンをクリックしてください。以上で設定完了です。
旧 PowerBook で印刷できないのですが?
・弊社のケーブルの内部に CPU が内蔵されている為、Macintosh から電源を供給しています。必ず Macintosh を先に起動してください。Macintosh が完全に起動してからプリンタの電源を入れてください。
・セレクタで、必ず AppleTalk を「不使用」に設定してください。
・印刷するシリアルポートが開放されていなければなりません。
FAX やインターネット等の通信関係ソフトをインストールされている場合、ポートが占有され印刷ができない場合があります。
コントロールパネルの機能拡張マネージャで通信関連書類等を一時的に外して印刷をお試しください。
・68K のモデム内蔵型 PowerBook をご利用の場合
コントロールパネルの「ExpressModem」でモデムを「切」、「PowerBook」で「内蔵モデム」を「外部モデム」に、「PowerBook セットアップ」で「コンパチブル」を「標準」に設定し、Macintosh を再起動してください。設定は、機種により異なります。
上記の設定がなければ必要ありません。また、上記の設定箇所以外で同様の設定がある場合は、同様に設定を行ってください。
塗りつぶされた真っ黒いデータが印刷されるのですが?
・白黒で印刷した時に発生する場合
・弊社のプリンタドライバは、白か黒の二値で印刷しています。通常、白色(紙色)のデータは何も色が塗られていないという情報がアプリケーションから送られてくるのですが、中には何らかの色が塗られているという情報を送るアプリケーションがあります。
この場合、弊社のプリンタドライバでは、色が塗られていると判断し黒で印刷してしまいます。印刷の処理を「カラー」もしくは「グレースケール」に設定しお試しください。
・プリンタドライバの再インストールを行ってください。
・印刷しているアプリケーションに割り当てるメモリが不足している可能性があります。
弊社のプリンタドライバは、アプリケーションのメモリを使用して印刷する仕様の為です。割当メモリを増やしてお試しください。

ここからフッターナビゲーションです。

個人情報保護方針 個人情報の取り扱いについて サイトのご利用について Twitter ご意見・ご要望
このページの先頭へ