株式会社ピクセラ | PIXELA CORPORATION [ Japan ] - Create the Vision


PixeCable H2

製品情報へ

ここから本文です。

ダウンロード

ダウンロードする前に、製品使用許諾契約書 を必ずご覧ください。
ダウンロードを実行された場合は、使用許諾書の内容を承認いただいたものとさせていただきます。

アップデート履歴・詳細

2001年1月17日
PhotoShop6 に対応いたしました。(IS-Scan)
1999年3月11日
「プリンタの ID が違います」のエラーでバックグラウンドプリント、及びネットワークで使用できない不具合を解消致しました。(BJ-F100/F200)
1999年2月15日
BJ-F200 に対応いたしました。(IS-Scan)
1998年10月23日
オートパレット「テキスト」で複数枚印刷時の不具合を解消いたしました。(BJC-440J/700J)
1998年8月24日
オートパレット「テキスト」で印刷時、黒い帯が印刷される不具合を解消いたしました。(BJC-440J)
1998年6月25日
エラーメッセージの内容を一部変更いたしました。(BJC-440J)

アップデータについて

動作環境

シリアルポートを標準搭載した 漢字Talk7.5.1 以降 MacOS9.0x が動作する Macintosh
* PixePrint220JII は 漢字Talk7.5.1 以降 MacOS8.1 以前

アップデート方法

プリンタドライバについては、以下の手順で再インストールしてください。
1. システムフォルダの機能拡張フォルダから「PixeColor ???」と「CBJHTComponent」「CBJSMComponent」「CWCC2Component」、または「PX Module」をゴミ箱に捨ててください。
2. システムフォルダの初期設定フォルダから「PixePrefPXtt」、または「PixePrefFolder」をゴミ箱に捨ててください。
3. ハードディスクの「QuickShare」フォルダをゴミ箱に捨ててください。
4. ダウンロードして解凍したフォルダの「PixeColor???インストーラ」を起動し、インストールを実行してください。
5. 再起動後、「Option」と「Command」キーを押しながらセレクタを開いてください。

* スキャナドライバについては、ダウンロードして解凍したフォルダの「IS-Scan」を、ご利用のアプリケーションフォルダの「PlugIn(プラグイン)」フォルダにドラッグ&コピーしてください。
* PixePrint220JII の場合は、ダウンロードして解凍したフォルダの「PixePrint220JII(J)」を、システムフォルダの機能拡張フォルダにドラッグ&コピーしてください。
* PixeColor400J Ver2.0x 以前、PixeColor410J、PixeColorJr.III をご利用の場合は、その古いバージョンの FD の「インストーラ」を起動して「カスタム削除」を選択し、インストールしている全ての項目にチェックを入れ、削除を行った後にインストールを実行してください。
ダウンロードしたファイルの解凍の方法
ダウンロードしたファイルは自己解凍形式になっています。ダブルクリックすることで、解凍ツールなどを必要とせず解凍することができます。

アップデータ一覧

ファイル名をクリックすると、プリンタドライバのダウンロードを実行できます。

list

ここからフッターナビゲーションです。

個人情報保護方針 個人情報の取り扱いについて サイトのご利用について Twitter ご意見・ご要望
このページの先頭へ