PIXELA CORPORATION - 株式会社ピクセラ

ファームウェア
アップデート

XIT-AIR120CWはネットワークダウンロードによる自動アップデート(ファームウェアアップデート)、およびUSBメモリーによる手動でのアップデートを実施しています。

テレビ視聴アプリの更新内容につきましては ダウンロード より各アプリをご確認ください。

アップデート履歴・詳細

2022年7月21日 [ Ver.3.2.43 ]
  • いくつかの不具合を修正しました。
2022年2月8日 [ Ver.3.2.40 ]
  • 初回設定でチューナー選択画面から進まない事がある不具合を修正しました。
  • チューナーが見つからないことがある不具合を修正しました。
  • LEDの明るさを調整しました。
  • クラウド録画した番組の再生開始およびシーク時の頭出し時間を短縮しました。

データ名 : updatefile.zip
容量 : 60 MB

アップデート方法は下記の手順をご確認ください。

※ USBメモリーでのアップデートは、初回設定時にチューナーを選択後に画面が進まない事象が発生している場合に行ってください。

事前にパソコン(PC)とUSBメモリーをご用意ください

お客様ご自身で「USBメモリー」とインターネットに接続できる「PC」をご用意していただく必要があります。
下記の手順に従いアップデート作業を行ってください。

USBメモリーの準備

USBメモリーには70MB以上の空きが必要です。

USBメモリはファイルシステムがFAT32でフォーマットされているものをお使いください。

図:USBメモリーを準備します。

PCとUSBメモリーを接続

お使いのPCにUSBメモリーを接続します。

※ Windows(11/10/8.1)およびMac(macOS)での操作をお願いいたします。

図:PCとUSBメモリーを接続します。

アップデートファイルをPCにダウンロードする

ページ上部 にある「ダウンロード」ボタンをクリックして、アップデートファイルをダウンロードしてください。

ダウンロードしたファイルは、Windowsの場合は通常[コンピューター]の[ダウンロード]に、Macの場合はDockの「ダウンロード」に保存されています。

図:ZIPファイルの解凍

アップデートファイルをUSBメモリーに移動する

ダウンロードしたファイルを、USBメモリーに移動します。

※ かならずUSBメモリーの直下に置いてください。任意のフォルダに置いてしまうと、アップデートができません。

Xit AirBoxのファームウェアをアップデートする

※ 本体にUSB機器が何も接続されていない状態で行ってください。

本体を電源オフにする

本体に挿し込まれているACアダプタを抜きます。

図:ACアダプタを抜く

USBメモリーを本体に挿し込む

アップデートファイルの入ったUSBメモリーを、本体背面のUSB端子に挿入します。

図:USBメモリーを挿す

電源をつなぐ

USBを挿し込んだまま、本体にACアダプタを挿入します。

図:ACアダプタを挿す

本体のLEDが常時点灯するまで待つ

本体正面の青色LEDが常時点灯になるまでしばらく待ちます。

本体のLEDは白色LEDは薄暗いままで、青色LEDが消灯状態から点滅後、常時点灯へと変化します。

図:AirBox正面LED

本体を電源オフにする

再起動を行うため、本体に挿し込まれているACアダプタとUSBメモリを抜きます。

図:USBメモリーとACアダプタを抜く

電源をつなぐ

再度本体にACアダプタを挿入します。

図:ACアダプタを挿す

アップデート完了

以上でアップデート完了です。

初回設定が終わっていない場合は、この後テレビ視聴アプリを起動し初回設定を開始してください。

アップデート方法について

テレビ視聴アプリを起動する

インターネットに接続した状態で、テレビ視聴アプリを起動してください。
その後、画面の指示に従ってファームウェアのアップデートを行ってください。

再起動する

アップデートが完了するとチューナーが自動的に再起動します。
本体正面の青色LEDが常時点灯になったら、各アプリを再起動してください。

仕様および外観は、性能向上その他の理由で、予告なく変更する場合があります。
記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標もしくは登録商標です。
画面、機能説明写真はイメージです。