株式会社ピクセラ | PIXELA CORPORATION [ Japan ] - Create the Vision


PX-W

製品情報へ

ここから本文です。

ダウンロード

ダウンロードする前に、製品使用許諾契約書 を必ずご覧ください。
ダウンロードを実行された場合は、使用許諾書の内容を承認いただいたものとさせていただきます。

アップデート履歴・詳細

1999年11月8日
MacOS9.0x、または NewiMac などで、USB 機器として認識しなかった不具合を解消いたしました。
1999年4月9日
MacOS8.5 以降用:
「PX-iM Utility」が自動マウント型の「PX-iM Mounter」に、「PX-W Utility」が自動マウント型の「PX-W Mounter」にバージョンアップいたしました。
バックグラウンドで起動しておくことで、CF カードを挿入すると自動的にマウントします。フロッピーディスク感覚で、画像ファイルなどの読み込み、書き込みが行えます。
* MacOS のコントロールパネルに PC Exchange(MacOS8.5 以降の場合は、File Exchange)がインストールされている必要があります。このコントロールパネル書類は、標準でインストールされています。

MacOS8.1(および MacOS8.5 以降)用 Utility:
フォーマット機能を追加、フォルダのコピーが可能になりました。

アップデータについて

動作環境

USB ポートを標準搭載する MacOS8.1 以降 MacOS9.1 が動作する PowerMacintosh 推奨

※Windows用アップデータは関連リンクページからダウンロードしてください。

アップデート方法

  1. システムフォルダの機能拡張フォルダから「PX-iM USBDriver」「PX-iM-Mounter」、または「PX-W USBDriver」「PX-W Mounter」をゴミ箱に捨てます。
  2. ダウンロードして解凍した「PX-iMドライバインストーラ」、または「PX-W ドライバインストーラ」を起動します。
  3. ご利用のシステムが MacOS8.5 以降の場合は「MacOS8.5以降」を、MacOS8.1 の場合は「MacOS8.1」を選択し「インストール」ボタンをクリックします。
  4. Utility をご利用になる場合は、再起動を促すダイアログの「続ける」ボタンをクリックし、「PX-iM Utility」または「PX-W Utility」を選択して「インストール」ボタンをクリックします。
    * 自動マウントでご利用になる場合は、「PX-iM Utility」または「PX-W Utility」をインストールする必要はありません。
  5. Macintosh を再起動します。

アップデータ
ダウンロード

データ名:PXW.sit(StuffIt 形式)
属性:バイナリ
容量:590,222 バイト


株式会社ピクセラウェブサイトでは、アクセシビリティの実装方法としてCSS(スタイルシート)を使用しております。

お客様が使用されているブラウザは、本ウェブサイト非推奨環境のブラウザ、CSS非対応のブラウザ、バージョンの古いブラウザ、携帯電話のフルブラウザ、テキストブラウザなどに対応したモードのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

※ その他推奨環境等については、サイトのご利用について をご参照ください。


ここからフッターナビゲーションです。

個人情報保護方針 個人情報の取り扱いについて サイトのご利用について Twitter ご意見・ご要望
このページの先頭へ