株式会社ピクセラ | PIXELA CORPORATION [ Japan ] - Create the Vision


PIX-ST011-PC0

製品情報へ
PIX-ST011-PC0

ワンセグとは?

デジタル放送の特長を最大活用したワンセグ

従来のアナログ放送は、信号がビルの壁や山などに反射することでゴーストノイズを発するため、アンテナの位置や向きの調整が必要でした。

それに比べ、デジタル放送の信号は反射に強く、ゴーストなどのノイズが少ないクリアな映像・音声で快適にテレビを楽しめます。

比較イメージ

デジタルテレビの仕組み

ワンセグとは「1セグメント放送」という意味

「ワンセグ」は移動体向けデジタル放送サービスとして、2006年4月1日にスタートしました。ワンセグの「セグ」とは「セグメント」の略です。この「セグメント」は、あまり聞きなれない言葉ですが、どんな意味なのでしょうか?

地上デジタル放送では、放送局ごとに6MHzの帯域幅が割り当てられています。日本の地上デジタル放送規格では、この放送帯域をセグメントという13個の箱に分けています。このうち、固定受信機向けのハイビジョン放送、いわゆる「地デジ」は12セグメントを使用。残る1セグメントを使用して移動体向けデジタル放送を行うのが「ワンセグ」です。

ワンセグはノイズに強いデジタル信号の利点を活かし、外出先や移動中※1にクリアな映像で快適にテレビを見られる放送サービスです。

※1 受信エリアについては、地上デジタル推進協会の発表を参照してください。また、受信エリア内であっても、地下街やビル内など放送波が届かない場所での視聴はできません。受信状態が不安定な場合、ブロックノイズや映像が途切れることがあります。

ワンセグの特徴

ワンセグの映像について

ワンセグは、放送帯域がハイビジョン放送の1/12に限られているため、映像は最大解像度がQVGA(320×240)、フレームレートは15fps(1秒間のフレーム数が15)で放送されています。

しかし、これまでのアナログ放送と比べるとその差は歴然。外出先や移動中でも、デジタル信号はゴーストなどのノイズが発生しにくく、クリアな映像と音声を楽しむことができます。

ワンセグ映像説明イメージ

ワンセグの多彩なサービス

ノイズに強いデジタル信号の利点を有効活用し、移動体向けに提供されているワンセグ。

ワンセグの信号には、映像、音声だけではなく、データ放送※2 、字幕放送※3、EPG(電子番組表)などのデータも含まれています。

「PIX-ST011-PC0」は、これらのワンセグのサービスをご利用いただけます。

「StationMobile(Ver.2)」でのEPG・データ放送イメージ「StationMobile(Ver.2)」でのEPG・データ放送イメージ 「StationMobile(Ver.3)」でのEPG・データ放送イメージ「StationMobile(Ver.3)」でのEPG・データ放送イメージ

※2 標準添付のワンセグアプリケーション「StationMobile(Ver.2)」はデータ放送の相互通信に対応しておりません。Windows Vistaに正式対応した「StationMobile(Ver.3)」にバージョンアップすることにより、上記相互通信機能も含めたデータ放送への完全対応が可能となります。アップデータは「ダウンロード」ページから無償でダウンロードできます。
※3 字幕は字幕対応番組を視聴している場合のみ表示できます。

ここからフッターナビゲーションです。

個人情報保護方針 個人情報の取り扱いについて サイトのご利用について Twitter ご意見・ご要望
このページの先頭へ