現在位置 : ホーム > 会社情報 > プレスリリース 2018年 > 6月5日開催のカンテレテクニカルフェア 2018に出展~VRを活用した新たな星空体験~

6月5日開催のカンテレテクニカルフェア 2018に出展
~VRを活用した新たな星空体験~

2018年6月4日

デジタル機器を通じて新しい生活を提案していく株式会社ピクセラ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:藤岡 浩、以下 当社)は、VRプラットフォーム戦略の実現に向けたプロジェクトの一環として、2018年6月5日(火)に開催のカンテレテクニカルフェア 2018に出展します。会場では、新たに制作中の三重県 伊勢志摩エバーグレイズで2018年3月に撮影した春の星空と、アメリカオレゴン州で2017年8月に観測された皆既日食を360度パノラマVR視聴アプリ「パノミル」で体験いただけます。

2020年東京で開催されるオリンピック・パラリンピックに向けて、4K8K技術の進展やモバイル通信での5G実現、スマートフォンの普及に伴うコンテンツ配信が急速に広がるなど、放送・通信の世界が急速に変化する可能性があります。当社は「放送サービスの高度化」を見据え、関西テレビ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:福井 澄郎、以下 関西テレビ)と国立大学法人和歌山大学 観光学部 尾久土研究室(所在地:和歌山県和歌山市、以下 和歌山大学 観光学部 尾久土研究室)と共同で、星空を活用した観光やイベント業界へのVRを活用したソリューション開発を進めております。

今回は、その成果物の一部を体験いただき、来場者よりフィードバックを得るための出展となります。今後は「パノミル」を活用した観光イベント等でのトライアルを進めながら、より現場に即したソリューションとなるようコンテンツやシステムの改善を行い、早期にマーケットへの普及を狙っております。

会場で体験いただける春の星空「星空グラス」と皆既日食「1/400の奇跡 ~北米皆既日食~」の映像は、関西テレビと和歌山大学 観光学部 尾久土研究室と共同で制作したものです。

星空グラス 概要

三重県 伊勢志摩エバーグレイズで2018年3月中旬に観測された春の星空です。タイムラプスで撮影された満天の星空と、弊社独自のサブスクリーン表示機能「MagicVision™」による、漫才や講談師といった趣向を凝らした星空のガイダンスで、VRを活用した新しいプラネタリウム体験をお楽しみいただけます。

星空グラス

1/400の奇跡 ~北米皆既日食~ 概要

アメリカオレゴン州で2017年8月21日(月)(日本時間 2017年8月22日(火))に観測された皆既日食です。皆既日食中の空が暗くなる様子を俯瞰しながら、太陽がどんどん欠けていく様子をMagicVision™で同時にご覧いただけます。

1/400の奇跡 -北米皆既日食-

VR視聴アプリ「パノミル」について

VR体験を誰でもかんたんに楽しむことができるアプリケーションです。数多くのプラットフォームに対応し、お手持ちの端末にアプリをインストールして、対応したヘッドマウントゴーグルを装着するだけで、VRの世界を体験することができます。

また、VRライブ配信にも対応し数多くの実績を重ね、VR映像空間にサブスクリーンをいくつも表示することのできるMagicVision™表示機能や、VR映像を見ながら他のユーザーと音声で会話ができるボイスチャット機能等、革新的な機能を数多く提供する最先端のアプリケーションです。

パノミル ロゴ

パノラマVRアプリ パノミル - 製品情報ページ

開催概要

名称 カンテレ テクニカルフェア 2018
日時 2018年6月5日(火)
会場 関西テレビ 本社1階 なんでもアリーナ
大阪市北区扇町2-1-7
参加費 無料(要事前申込 )
事前申込は、満員になり次第、締切らせていただきます。
対象者 放送事業者、通信事業者、メーカー、研究所、大学、他
内容 講演会、技術・製品セミナー、メーカー展示、関西テレビ技術開発展示等
URL https://www.ktv.jp/kantec/

※ 新4K衛星放送に対応した4K Smart Tuner「PIX-SMB400」の実演デモもご覧いただけます。

お問い合わせ窓口

弊社営業窓口へのお問い合わせは、以下をご利用ください。

お問い合わせ窓口(法人のお客さま)専用メールフォーム

文中に記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標もしくは登録商標です。
仕様および外観は、性能向上やその他の理由で予告なく変更される場合があります。
画面は、ハメコミ合成です。